« 色々な食品をたくさん食べさせなくてはというストレスが辛かった | トップページ | 外出時の赤ちゃんの暑さ対策 »

2015年6月10日 (水)

赤ちゃんを授かるのは奇跡のようだと思いました

私たち夫婦には今二人の子供がいます。

出来ればもう一人子供が欲しいなと思っていますが、妊娠するという事がどれほど大変な事なのか分かっているだけに、なかなか三人目を作る事が出来ません。

その理由は、私は一人目の子供を妊娠するまでに、二回流産をしているからです。

一回目の時は、先生からも初期の流産は確率的にはありえる事なので、仕方がないと言われました。ですがこんな事になるまでは、妊娠して赤ちゃんを産む事は、当たり前の事のように考えてしまっていました。

だからまさか自分が流産するなんて思ってもいなかったし、その時は主人も私もとても悲しみ、苦しみ、そして落ち込みました。

流産した理由は、胎嚢は確認できたのですが、心音が聞けず、成長していない状態で、最初は成長する可能性もあるので様子を見ようと言われました。

ですが先生から心音がまだ確認出来ないと言われ、二週間後に再度検診に来るように言われた、この二週間でどうか成長していて欲しいと毎日思い、主人とも話をしていました。

けれどその思いは叶わず、大きさは二週間前と同じだった為、処置をする事になりました。

その時に、妊娠は出来ても、育たないという現実があるのだと思い知らされました。

それから半年ほどして、再び妊娠する事が出来ました。

その時は無事に妊娠出来た事に喜びを感じましたが、それと同時に、また流産するのではないかという不安も襲ってきました。

その不安は悲しい事に見事当たってしまい、妊娠検査薬をして妊娠を確認したその二日後に、出血が始まりました。

私はもう流産するのは嫌だと思い、出血を確認したその日すぐに産婦人科に行きました。

すると先生から、前回も初期の流産だったけれど、今回はその時よりさらに初期だから、おそらくこのまま出血と同時にダメになってしまうだろうと言われました。

もう私は目の前が真っ暗になり、どうしてこんな事になってしまうのかと、自分自身を責めました。

赤ちゃんにも申し訳ないし、赤ちゃんをものすごく欲しがっている主人にも申し訳ないなと思いました。

主人に今回もダメだったと言うと、仕方がないねと言いましたが、すごくショックだったと思います。

それからしばらくは妊娠する事自体が怖くなり、子供は欲しいけれど、流産するのが怖く、子作りをする事を中断しました。

それから一年ほどたち、不安は残っているけれど、やはり子供が欲しいという気持ちの方が勝ったため、再度子作りを始めました。

するとすぐに妊娠する事が出来、しかも今回はなぜか自分でも驚く程不安もなく、毎回検診に行く事が出来ました。

私にとって一番の不安な時期である初期も無事に乗り越え、何とか妊娠生活を無事に過ごす事が出来ました。

もちろん出産するまでにつわりで苦しんだり、切迫流産になったりと苦労もありました。

しかも出産ギリギリで逆子になってしまい、帝王切開での出産になったので、もしかして妊娠には不向きだったのかもしれません。

ですが帝王切開での予定日までは何とか過ごす事が出来、無事に出産する事が出来ました。

その時に、妊娠するという事、そして出産するという事は本当に奇跡だなと思いました。

それから三年後に二人目を出産しましたが、一人目が帝王切開での出産だったので、二人目も帝王切開での出産になりました。

二人目の時は子作りをしだして半年程で妊娠する事が出来、こちらも切迫早産で入院をしたりもしましたが、何とか無事出産する事が出来ました。

私は今回、出産と流産を経験して思った事は、赤ちゃんがなかなか出来ないというのも子作りで大変だと思いますが、妊娠をしても育たないという事や、流産してしまうという事も、子作りで苦労する事だなと実感しました。

その思いが未だにあるので、なかなか三人目という風にはなりませんが、こんな思いを経験した事によって主人との絆は深まったと思います。

私にとって一生忘れられない出来事ではありますが、その分今子供がいるという幸せを十分感じる事が出来るので、この経験を無駄にはしてはいけないと日々思いながら過ごしています。

« 色々な食品をたくさん食べさせなくてはというストレスが辛かった | トップページ | 外出時の赤ちゃんの暑さ対策 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1889379/60322626

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんを授かるのは奇跡のようだと思いました:

« 色々な食品をたくさん食べさせなくてはというストレスが辛かった | トップページ | 外出時の赤ちゃんの暑さ対策 »